医療従事者の皆様へ

このサイトでご紹介させて頂いている通り、モリア ジャパンを含めモリア グループ全体は、人々のQOV(クオリティ・オヴ・ビジョン)向上に貢献するため、製品の開発とご提供に特化し、ここ日本におきましてもヘルスケアプロフェッショナルの皆様のお手伝いができるよう、幅広い製品をご提供しています。

ここにご紹介している製品は当社の販売する医療器具及びその関連製品の一部です。これら製品及びその他製品やご質問については、当社まで直接お問い合わせください。

お問い合わせ先:
株式会社 モリア ジャパン
〒113-0033 東京都文京区本郷三丁目24番2号
TEL: 03-5842-6761 FAX: 03-5842-6762
Mail: moria@moriajapan.com

取扱い製品について|Our Products

角膜移植手術

モリアではマイクロサージャリ―の創生期からマイクロケラトームの開発と改良を続けており、長年にわたり、世界各国で実績を積んできています。 日本国内においても、DSAEKをはじめ、異なる角膜移植手術に対応する機器・器具を幅広く取り揃えています。

モリア人工前房装置

高品位の人工前房装置で、リユーザブルとディスポーザブルの双方があります。リングを付け替えることで、モリアの異なるマイクロケラトームに対応します。

EVOLUTION (エヴォルーション) 3E

One Use-Plus AutoやCBmなど、モリアのマイクロケラトーム全てを駆動させるためのコンソールです。

DSAEK用One Use-Plus Auto及びその他DSAEK用手術器具

DSAEK手術用移植グラフト作成のための直進カッティングシステムです。

詳しく見る

ACPシステム

人工前房装置につながるチューブに接続することにより、人工前房内のカット中の圧力を一定に保つシステムです。

白内障手術

モリアではその200年近い眼科手術での経験に基づき、白内障をはじめとするあらゆる眼科手術に対応する優れた眼科手術用器具を取り揃えています。 ディスポーザブル製品とリユーザブル製品のラインナップ双方があります。

クラシック

モリアの技術が凝縮された、リユーザブルの金属製手術器具シリーズです。
加工~出荷判定までの全工程をフランスの自社工場で行っています。

カン氏振り子式マーカー

乱視軸角をワンステップでマーキングし、ト-リックレンズの正確な挿入を可能にします。

詳しく見る

クラシック シリーズ

モリアの手術器具の旗艦シリーズです。

詳しく見る

コンポジット

リユーザブルの器具シリーズですが、PEEK樹脂*を使用し、ステンレスやチタンといった100%金属の製品に比べ経済的です。

コンポジットシリーズ

(ただ今工事中です。大変ご面倒ですが詳しい情報についてはサイト内のお問い合わせフォームでお問い合わせください。)

Oneシリーズ

ディスポーザブルの器具シリーズです。

One Toric IOL器具シリーズ

One Toric IOL器具シリーズ

正確なトーリック眼内レンズ挿入のためのディスポーザブル器具シリーズです。

詳しく見る

網膜・硝子体手術

コンポジット・レチナシリーズ

23・25ゲージのリユーザブルの鉗子シリーズです。PEEK樹脂を使用し、ステンレスやチタンといった100%金属のリユーザブル製品に比べ経済的です。 洗浄のための専用孔がついているため、洗浄が簡単で、且つオートクレーブ滅菌が可能です。

コンポジット・レチナシリーズ

PEEK樹脂を使った網膜硝子体手術用のリユーザブル器具です。正確な膜の剥離を実現するために、23Gと25Gで各種取り揃えています。 PEEK樹脂を使っているため、100%金属製の器具に比べて経済的です。 洗浄用の孔から専用カヌーレを使うことで先端部を容易に洗浄することができ、且つオートクレーブ滅菌も可能です。

詳しく見る

シナジェティックス 手術器具

モリア・ジャパンでは、Bausch & Lomb社の硝子体手術器具を幅広く取り扱っています。 さまざまな手術装置に適合する硝子体内照明プローブ(イルミネーターやシャンデリア)及びレーザープローブをはじめ、ディスポーザブルの硝子体手術用器具全般を取り揃えています。

シナジェティックス 手術器具

(ただ今工事中です。大変ご面倒ですが詳しい情報についてはサイト内のお問い合わせフォームでお問い合わせください。)

その他測定器具

i-Pen浸透圧測定システム

涙液層の浸透圧を簡単にすばやく測定できるシステムを発売しました。

i-Pen浸透圧測定システム

涙液層の浸透圧を簡単にすばやく測定できるシステムです。
世界で唯一のin-vivoの浸透圧測定システムで、涙液層のインピーダンスを測定し、計算して浸透圧値を求めます。 ドライアイ症状を持つ患者及びも持たない患者の双方の涙液層浸透圧測定に使用できます。

詳しく見る